流行語の賞味期限

流行語はほどほどに

今の時代、流行の移り変わりがとても早くなっています。ゲームやアニメといった娯楽、ニュースやドラマなどテレビの話題、それから「流行語」もそうです。

 

少し前まではみんなが使っていたのに、数か月後には驚くほど誰も使っていないということはよくあります。

 

死語となり廃れた流行語は使うと場を盛り下げてしまいますので注意しましょう。では、流行語の“賞味期限”とはいったいどれくらいなのでしょうか。

 

流行語にもよりますが、だいたいは2か月から3か月程度ですね。それ以降は死語となり使ってもウケなくなってしまいます。

 

ですので流行してから2〜3か月が経過したら使うのはやめておいた方が無難です。ただし使い方によっては別の笑いを取れることもあります。

 

“わざと死語”を使うことで、「そんな懐かしいのがあったね!」「お前、まだそんなの使ってるのかよ〜」と話題のネタにもできますので使いどころをしっかりと見極めましょう。

 

流行語に関する情報はインターネットで見ることをオススメします。インターネットは流行に敏感なので、なにが人気なのかがすぐにわかります。

 

LINEやTwitterなど人が多く集まる場所で情報収集をするのがいいでしょう。